万博公園のまわりに住むメリット

子どもが楽しめるユニークな遊具を紹介!

万博公園のまわりに住むメリット

『1970年の大阪万博はすごかった。たくさんの人が日本全国・世界各国から訪れ毎日がお祭りだった』そう聞いて育った私は万博への想いが強く、大人になってから万博記念公園の近くに住みました。今の自然豊かな万博記念公園はリフレッシュしたり運動するのにぴったり!私みたいに万博記念公園のまわりに住むことを検討している方のお役に立てればとこのサイトを立ち上げました。人によってはデメリットに感じる部分もあると思いますが、メリットの反対はデメリットと頭の片隅に置いたうえで閲覧いただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

万博公園のまわりに住むメリット
万博公園のまわりに住むメリット

万博記念公園で遊ぶ

万博公園のまわりに住むメリット 万博公園のまわりに住むメリット

万博記念公園には家族で一緒に遊べる遊具や施設がたくさんあります。その一部をご紹介します。

万博公園のまわりに住むメリット

夢の池 サイクルボート

夢の池 サイクルボート

夢の池は万博記念公園の中央からやや東側に位置し、池の面積はおおよそ2万5千平方メートルと大きな池です。その池の水面を、定番のスワン型のほか、カップ型、テント型、ジェット型、くじら型の5種類のボートでゆったりと遊覧できます。2人乗りと4人乗りがあるので、家族みんなで楽しんだり、夫婦や恋人同士で楽しむこともできます。池からは、お祭り広場や、太陽の塔を後ろから眺めることができたり、運が良ければカイツブリや水鳥を見つけることができるかもしれません。

【料金】
2人乗り(20分):900円
4人乗り(20分):1,200円

万博おもしろ自転車広場

万博おもしろ自転車広場

2019年2月23日にリニューアルオープンした施設。万博記念公園の太陽の塔の広場の東側にあります。街中では乗ることのできない色んな形のユニークな自転車が大集結。全部で約40種類・約100台の自転車があります。キリンやモグラなどの動物やイルカやイカなどの海の生き物の形をした自転車や、バスのような4輪車や、2人乗りの3輪車、ペダルではなく漕ぎ方がユニークな自転車など、次から次へ乗りたくなるのは間違いなし。施設内には荷物置き場やベビーカーを置く場所もあるので、小さい子供を連れていっても気兼ねなく遊べます。

【料金】
3歳以上(30分):400円
※3歳未満は無料、幼稚園以下のお子様は大人(有料)とご同伴

【上記施設の共通情報】

・利用時間:9時30分~17時(受付・入園は16時30分まで)
・定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日から1月1日)
※ただし、4月1日からゴールデンウィークまでと10月1日から11月30日までの間は無休

万博公園のまわりに住むメリット

万博記念公園周辺にあるオススメのマンション

万博公園のまわりに住むメリット 万博公園のまわりに住むメリット 万博公園のまわりに住むメリット 万博公園のまわりに住むメリット 万博公園のまわりに住むメリット
万博公園のまわりに住むメリット
万博公園のまわりに住むメリット
万博公園のまわりに住むメリット

【万博記念公園のまわりの町一覧】
吹田市・・山田丘、藤白台1~5丁目、山田北、山田東1~4丁目、樫切山、尺谷、長野東、千里丘西、千里丘中、千里丘北、清水、青葉丘北、青葉丘南
茨木市・・穂積台、南春日丘1~7丁目、美穂ケ丘

Copyright (C) 2017 万博公園のまわりに住むメリット All Rights Reserved.