万博公園のまわりに住むメリット

ガンバ大阪の新旧のホームスタジアムを紹介!

万博公園のまわりに住むメリット

『1970年の大阪万博はすごかった。たくさんの人が日本全国・世界各国から訪れ毎日がお祭りだった』そう聞いて育った私は万博への想いが強く、大人になってから万博記念公園の近くに住みました。今の自然豊かな万博記念公園はリフレッシュしたり運動するのにぴったり!私みたいに万博記念公園のまわりに住むことを検討している方のお役に立てればとこのサイトを立ち上げました。人によってはデメリットに感じる部分もあると思いますが、メリットの反対はデメリットと頭の片隅に置いたうえで閲覧いただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

万博公園のまわりに住むメリット
万博公園のまわりに住むメリット

ガンバ大阪のホームスタジアム

万博公園のまわりに住むメリット 万博公園のまわりに住むメリット

万博公園に隣接する万博記念競技場と市立吹田サッカースタジアムを紹介します。

万博公園のまわりに住むメリット

万博記念競技場

万博記念競技場

市立吹田サッカースタジアムができるまでは万博記念競技場がガンバ大阪のホームスタジアムでした。収容人数は21,000人。ピッチの周囲に陸上用トラックがあり、スタンドとピッチが遠いというファンの声や、FIFAの基準に満たしていないため国際大会を開催できないという問題があり、新スタジアムが建設されました。現在、万博記念競技場はJ2、J3の試合やラグビー、アメフト、陸上競技などに使われています。あまり知られていませんが競技場のグラウンド地下に浄水池が、バックスタンドの地下にポンプ施設があります。

市立吹田サッカースタジアム

市立吹田サッカースタジアム

市立吹田サッカースタジアムは2016年2月に全面開場したガンバ大阪の新スタジアムです。収容人数は40,000万人と万博記念競技場の2倍になり、陸上用トラックフィールドが無い、サッカー専用スタジアムになりました。新スタジアムは個人や企業の募金および助成金で建設され、完成後は吹田市に施設を寄付し、株式会社ガンバ大阪が管理・運営を行っています。

海外みたいなスタジアム

海外みたいなスタジアム

スタジアムはロンドンにあるスタンフォード・ブリッジ(プレミアリーグやイングランドのチェルシーFCのホームスタジアムとしてもおなじみですね)のような佇まいで、ピッチとスタンドの距離が近いのも印象的。FIFAの基準も満たしており、W杯(開幕戦。決勝戦以外)は開催可能だそうです。新スタジアムで初めて行われた試合は2016年2月14日の対名古屋グランパス戦で、3-1でガンバ大阪が勝利を勝利を収めました。

万博公園のまわりに住むメリット

万博記念公園周辺にあるオススメのマンション

万博公園のまわりに住むメリット 万博公園のまわりに住むメリット 万博公園のまわりに住むメリット 万博公園のまわりに住むメリット 万博公園のまわりに住むメリット
万博公園のまわりに住むメリット
万博公園のまわりに住むメリット
万博公園のまわりに住むメリット

【万博記念公園のまわりの町一覧】
吹田市・・山田丘、藤白台1~5丁目、山田北、山田東1~4丁目、樫切山、尺谷、長野東、千里丘西、千里丘中、千里丘北、清水、青葉丘北、青葉丘南
茨木市・・穂積台、南春日丘1~7丁目、美穂ケ丘

Copyright (C) 2017 万博公園のまわりに住むメリット All Rights Reserved.